アーカイブ

‘ガラス食器’ カテゴリーのアーカイブ

松徳硝子「うすはりグラス」

2012 年 5 月 31 日 コメントはありません

松徳硝子の「うすはり」は、創業当時に取り組んでいた電球製造のノウハウを活かし、一点
一点丹精込めて吹き上げたグラスです。手作りならではの繊細な飲み口とシンプルモダンな
造形美をご堪能ください。

うすはりシリーズは、ビールグラスとしてはもちろん、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー、
ハイボール、カクテル等、様々な用途に合わせ数多くのラインナップを取り揃えております。
また、冷茶やウォーターグラスとして、日常使いに便利なサイズも多数取り揃えております。
木箱入りのギフトセットは、大切な方への贈り物として、大変ご好評を頂いております。

 

メーカー紹介「松徳硝子㈱」

2012 年 5 月 31 日 コメントはありません

松徳硝子は、大正11年(1922年)、村松庄太郎により、電球用ガラスの生産工場として、創業しました。
その後、時代の変化により、電球も職人による手吹きから、機械による製造にとって代わり、主要製造
品目をガラス器へ移行することとなりました。その後も引き続き、職人による手仕事にこだわり、数千
種類にも及ぶ手作りガラス器を製造して参りました。
中でも、電球製造で培った薄吹きの製法に磨きをかけ、「一口ビールグラス」と呼ばれ、江戸硝子とし
て古くから、料亭や割烹で広く愛用され続けて来た薄吹きグラスが、更に幅広いお客様に支持を獲得し
ています。
その後、この「一口ビールグラス」や、松徳硝子の原点である「電球」、そして、これまで作り上げた
数千種類にも及ぶガラス器製造のノウハウを元に、長期間に渡り、更なる品質の向上、製品イメージの
図案化、技術研究開発と数々の失敗を繰り返し、平成元年、遂に理想とするグラス「うすはり」が完成
しました。その後も、更なる品質の向上、技術研究開発に努め、ビール・お酒・飲み物を「より美味し
く飲むことが出来るグラス」として、高い評価を頂いております。

また、2005年には廃棄蛍光管を原料とした「e-glass」を発表。2006年、グラスとしては、日本初のエコ
マーク商品に認定されました。環境面に配慮したモノづくりをモットーに、2006年には、製造工程で発生
する水質汚染問題に考慮し、一般的なクリスタルガラスで使われている鉛(酸化鉛)の使用を停止。それ
までも法令を遵守し、鉛を使用して参りましたが、長年の技術研究開発により、鉛をバリウムで代替する
技術を確立し、無鉛クリスタル(バリウムクリスタル)に変更しました。

これからも、手作りガラスの生産工場として、職人による手仕事にこだわり、より良いグラスをひとつで
も多く作りだす為に尽力しております。

bodumダブルウォールグラスシリーズ

2012 年 5 月 29 日 コメントはありません

bodum(ボダム)とは?
bodum(ボダム)は、北欧デンマークの家庭用品ブランド。その商品は機能性
はもちろん、シンプルで効率的、その上北欧らしいオシャレなデザインが魅
力。飽きることなく何年にも渡って使い続けられるボダムのキッチンアイテ
ムは、世界各国で支持されています。

bodumダブルウォールグラスシリーズ特徴

※材質:耐熱ガラス製

グラス内部の空気層が断熱材の役割をして保温・保冷効果があります。
冷たさを保ち、氷が溶けにくいので飲み物の味が薄まりにくくなります。
夏場グラス表側に結露が多く出ますが、2層の為、出にくい仕様になって
います。
ボダムダブルウォールグラスは一つ一つ職人の手造りです。そのため、成型
に若干の違いがある場合がございます。


bodam FOR ADERIA
ボダム社とアデリア(石塚硝子)が共同開発した耐熱ガラス食器。北欧のセン
スと耐熱ガラスの機能を融合したモダンなアイテムです。

商品紹介 TSG(東洋佐々木ガラス)シリーズ一覧

2011 年 11 月 2 日 コメントはありません

メーカー紹介 TSG(東洋佐々木ガラス㈱)

2011 年 10 月 29 日 コメントはありません

日本はさまざまな食器を使う、豊かな“器の文化”を持つ国です。
古くは江戸時代より、日本の器はヨーロッパで珍重されてきました。
現代においても、そのデザインは欧米で静かなブームとなり、
さらに日本も、欧米やアジアのテイストを取り入れて、
東西が融合した器文化を築いています。

その文化の一端を担うガラス――。
それは自由に形状を型取ったり、多様な色彩を施せたり、
美しい輝きを半永久的に保つことのできる優れた特性を備えています。

この素材を摂氏1,400度を超える高熱で溶かし、
巧みな熱管理と精密な金型によりコントロール。
独自の圧延・伸張技術によって成型し、
感性と創造性あふれる美しいガラス器が産まれます。

東洋佐々木ガラスは、豊かな器文化の日本で生まれ、
その確かな技術に裏打ちされた最高の品質を育んできました。
これからも、ガラスの美しさを原点にした製品づくりを通じ、
世界へ、新しい感動を創りつづけたいと考えています。