アーカイブ

‘食卓創造雑記(弁当編)’ カテゴリーのアーカイブ

男子厨房倶楽部「弁当編、親子丼弁当を作る」

2014 年 12 月 28 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容

・親子丼:親子鍋にカットした具(玉ねぎ+椎茸+鶏もも肉)を敷き入れ、 麺汁+味醂を入れ、熱に掛けひと煮立ちさせる→溶き卵を流し掛け、もうひと 煮立ちさせ→ご飯の上に盛り→紅しょうがを載せ→完成

・釜揚げしらすとネギの醬油和え:釜揚げしらす+青ネギ+麺汁+一味唐辛子 を混ぜ→完成

・キャベツの黒胡椒和え:細切りしたキャベツに塩+黒胡椒+白ごま+合わせ酢 を揉み混ぜ→完成

・白菜+ニラの吸い物:出汁にカットした具(白菜+ニラ+椎茸)を入れ、 ひと煮立ちさせ→麺汁+塩+胡椒+白ごま+ごま油を入れ→完成

 

 

▼容器

・親子丼:工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+蓋・身を固定するフック付を使用

・キャベツの黒胡椒和え:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のもの

・白菜+ニラの吸い物:サーモス真空断熱フードジャー

・釜揚げしらすとネギの醬油和え:蓋にパッキンが付いていて液漏れしずらいタケヤ科学の
ポリプロピレン・シリコン製容器を使用。

男子厨房倶楽部「弁当編、牛丼弁当を作る」

2014 年 12 月 7 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容

・牛丼:油を敷いたフライパンでカットした玉ねぎ+すりおろしニンニク+牛肉細切れを炒め、麺汁+味醂+ラー油を掛け和え、ご飯の上に盛り、紅しょうが+白ごまをふりかけ→完成

・キムチチャンプル:ごま油を敷いたフライパンにニラ+白ネギ+椎茸を炒め→キムチ+麺汁+酒+絹ごし豆腐を混ぜ→完成

・白菜の塩もみ:カットした白菜に塩+出汁の素+白ごま+一味唐辛子を入れ、しんなりするまで揉み混ぜ→完成

・白菜とニラと玉子のスープ:昆布出汁+出汁の素にカットしたニラ+白ねぎ+白菜を入れ、ひと煮立ちさせ、麺汁+塩で味づけし→完成

 

 

▼容器

・牛丼:工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+蓋・身を固定するフック付を使用

・キムチチャンプル:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のもの

・白菜とニラと玉子のスープ:サーモス真空断熱フードジャー

・白菜の塩もみ:蓋にパッキンが付いていて液漏れしずらいタケヤ科学のポリプロピレン・シリコン製容器を使用。

男子厨房倶楽部「弁当編、ナポリタン弁当を作る」

2014 年 11 月 30 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容
・ナポリタン:具をカット(ピーマン+玉ねぎ+エリンギ+ベーコン)し、バターを敷いたフライパンで塩・胡椒し、熱し、具がしんなりしたら湯掻いたパスタを入れ、具と炒め和え、酒+ケチャップ+粉チーズ+タバスコを入れ、混ぜ→完成

・ホットサンド(ツナマヨ):パンに具(ツナフレーク+ピーマン+玉ねぎ+オレガノ+マヨネーズ+塩+胡椒+合わせ酢)を載せ、パンを載せ、ホットサンド焼き器にセットし、熱源で両面熱し→完成

・ミネストローネ:鍋に水+トマトペースト+コンソメ+卸にんにく+カットした具(ナス+ピーマン+大根+エリンギ)+塩+胡椒+オレガノ+タバスコを入れ、ひと煮立ちさせ→完成

・白身魚のカツレツ:ヒラメの切り身に塩・胡椒し、小麦粉+卵+パン粉(パセリ+粉チーズを混ぜたもの)で衣をまとわせ、オリーブオイルを敷いたフライパンで両面焼き目を付け、オーブン皿に載せ、180度のオーブンで8分焼き→完成

・マッシュポテト:スチームケースにカットしたジャガイモを入れ、電子レンジで6分熱し、ボールに入れ替え、塩・胡椒を振り、マッシャーで潰しながら混ぜ、薄丸く成形し、強力粉を塗し、オリーブオイルを敷いたフライパンで両面焼き目を付け→完成

・サラダ&ドレッシング:カットした野菜ミックス+トマト。ドレッシング、麺汁+合わせ酢+ラー油+白ごまを混ぜ→完成

 

 

▼容器
・野菜サラダ:耐熱ガラス製身+ポリエチレン製蓋イワキの容器を使用

・ドレッシング:にパッキンが付いていて液漏れしずらいタケヤ科学のポリプロピレン・シリコン製容器を使用。

・ミネストローネ:サーモス真空断熱フードジャー

・ナポリタン:工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+蓋・身を固定するフック付を使用

・白身魚のカツレツ+マッシュポテト+ホットサンド:通気性が良い竹アミ弁当を使用。

 

男子厨房倶楽部「弁当編、ホットサンド弁当を作る」

2014 年 11 月 23 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容
・ホットサンド(ハムとチーズ):パンにトマトケチャップ+タバスコ+オレガノを塗り、チーズ+ハム+パンを載せ、ホットサンド焼き器にセットし、熱源で両面熱し→完成

・ホットサンド(ハムと玉子):パンにマヨネーズ+タバスコを塗り、玉子焼+ハム+パンを載せ、ホットサンド焼き器にセットし、熱源で両面熱し→完成

・エビマヨ:小エビに塩・胡椒でうっすらと下味をつけ→片栗粉を塗し、油を敷いたフライパンで焼き、マヨネーズ+ケチャップを掛け、炒め和え→完成

・ほうれん草のポタージュ:鍋に水+コンソメ+牛乳を入れ、細かく刻んだほうれん草を入れ、ひと煮立ちさせ、塩+胡椒で味を整え→完成

・野菜サラダ:カットした野菜(トマト+きゅうり+キャベツ)、ドレッシング(合わせ酢++オリーブオイル+粒マスタード+レモン汁+乾燥バジル+塩・胡椒を混ぜたもの)

 
▼容器
・ドレッシング:蓋にパッキンが付いていて液漏れしずらいタケヤ科学のポリプロピレン・シリコン製容器を使用。

・ほうれん草のポタージュ:サーモス真空断熱フードジャー

・野菜サラダ,エビマヨ:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のものを使用

・ホットサンド:通気性が良い竹アミ弁当を使用。

男子厨房倶楽部「弁当編、そぼろ弁当を作る」

2014 年 11 月 16 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容

・ベーコンと椎茸+炒り玉子のそぼろご飯:ベーコンと椎茸を細かく切り、油を敷いた フライパンで唐辛子+塩+胡椒+出汁+麺汁+味醂を入れ、汁気がなくなるまで炒める。油を敷いたフライパンで出汁+麺汁+玉子+塩+味醂を混ぜながらいため、両方、飯の上に盛り、完成

・ワカサギの南蛮漬け:ワカサギに塩+胡椒で下味を漬け、片栗粉で衣を付け、油で揚げる。 トマト+ピーマン+玉ねぎをカットし、合わせ酢+バジル+塩+胡椒+麺汁を入れ、和え→完成

・あさり汁:昆布出汁の中にあさりを入れ、熱し、殻が空いたら、塩+麺汁+味醂で味を 付け→完成

 

 

▼容器
・そぼろご飯:工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+蓋・身を固定するフック付を使用

・あさり汁:サーモス真空断熱フードジャー

・ワカサギの南蛮漬け:耐熱ガラス製身+ポリエチレン製蓋イワキの容器を使用

男子厨房倶楽部「弁当編、チャーハン弁当を作る」

2014 年 11 月 9 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容
・チャーハン:ご飯釜に米+水+中華スープの素+ごま油+卵+細かくカットした白ネギ+ベーコン+塩+胡椒+酒+出汁醬油を入れ、炊き上げ→完成

・真ダラ、ポテトの唐揚:カットした真ダラ+ポテトに塩+胡椒で下味をつけ、片栗粉を塗り、油で揚げて→完成

・野菜しょうゆ餡:水+中華スープの素+出汁醬油+塩+胡椒+玉ねぎ+ピーマン+ナス+しめじをひと煮立ちさせ、合わせ酢+水溶き片栗粉を入れ→完成

・ネギとしめじのスープ:水+中華スープの素+出汁醬油+ネギ+しめじ+塩+胡椒+ごま油をひと煮立ちさせ→完成

・タルタルソース:ゆで卵+細かく切った玉ねぎ+キュウリ+合わせ酢+塩・コショウ・乾燥バジル・マヨネーズをマッシャーで潰しながら、混ぜ→完成

 
▼容器
・チャーハン:工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+蓋・身を固定するフック付を使用

・ネギとしめじのスープ:サーモス真空断熱フードジャー

・タルタルソース+野菜しょうゆ餡:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のものを使用

・真ダラ、ポテトの唐揚::通気性が良い竹アミ弁当を使用。

男子厨房倶楽部「弁当編、天ぷら弁当を作る」

2014 年 11 月 2 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容
・天ぷら:エビ天は、殻・足を取り、背を切り背腸を取り、腹に幾つか切れ込みを入れる。 ナス天は、一口サイズカットしたナスにさらに切込を入れる。ピーマン天は、半分に切り、 種を取る。水+薄力粉(3:2)で作った衣を具に付け、油で揚げ、完成

・レンコンのキンピラ:カットしたレンコンをみずにさらす。豚バラを細かくカットする。 ごま油をフライパンに敷き、熱し、具を入れ小口切りした赤唐辛子+出汁+出汁醬油+ 酒+味醂を入れ、汁気がなくなるまで炒め、ゴマを振り→完成

・豚汁:出汁(昆布+かつお節)にカットした具(大根・にんじん・えのきだけ・白ネギ・ 豚バラ)入れ、しんなりするまで煮て、味噌を溶かし、一味唐辛子+小口切りした青ネギ を入れ→完成

・白飯:米を洗い、一晩昆布を入れた水に浸し、米+米を浸した水+酒少々を入れ、炊き →完成

 
▼容器
・白飯:工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+蓋・身を固定するフック付を使用

・豚汁:サーモス真空断熱フードジャー

・レンコンのキンピラ:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のものを使用

・天ぷら::通気性が良い竹アミ弁当を使用。

男子厨房倶楽部「弁当編、かき飯弁当を作る」

2014 年 10 月 26 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容

・かき飯:飯釜に水+米+かき+油揚げ+出汁醬油+味醂を入れ、炊く→炊き上がったら、生姜+白髪ネギを入れ混ぜ、蓋をし、若干蒸し→完成

・白菜と卵のスープ:出汁+白菜+出汁醬油をひと煮立ちさせ、塩・胡椒で味をととのえ、溶き卵を流し入れ、ごま油をたらし→完成

・さばの竜田揚げ:ゴマサバの切り身を出汁醬油+擦りおろし生姜に漬け→片栗粉をまぶし、油で揚げ→完成

・ナスの天ぷら:一口サイズカットしたナスにさらに切込を入れ、卵+水+小麦粉+塩で衣を付け→油で揚げ→完成

・キャベツとトマトのサラダ:千切りしたキャベツ+トマトにオリーブいオイル+塩・胡椒+合わせ酢+グレープフルーツ汁+粒マスタードで和えて→完成

 
▼容器

・かき飯:内側無塗装なので余分な水分を吸収し、料理を程よい感じに保つ杉わっぱ弁当箱を使用
・さばの竜田揚げ、ナスの天ぷら:通気性が良い竹アミ弁当を使用。
・白菜と卵のスープ:サーモス真空断熱フードジャー
・キャベツとトマトのサラダ:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のもの

 

男子厨房倶楽部「弁当編、アジの竜田揚げ弁当を作る」

2014 年 10 月 5 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容
・アジの竜田揚げ(アジの切り身を1時間ほど出汁醤油+酒+味醂+すりおろし生姜に浸し、片栗粉で衣をつけて熱したサラダ油で揚げます)

・薄焼き出汁巻き玉子(殻を割り溶いだ卵+出汁+出汁醤油で+青のりを混ぜる→A、油を敷いた玉子焼き器でAを全体に注ぎ、焼けてきたら、一巻きし→完成)

・おにぎり(具→鮭フレーク。昨晩寝る前に水に浸して置いた米を電子レンジ用陶器の1合釜へ出汁+酒を投入し炊きます。15分ほどでたけます。炊いたご飯をコンビニのふっくらむすびみたくするために物相型で軽く押さえて、握り作り、海苔を巻いて→完成)

・キャベツの浅漬け (浅漬け容器にざく切りしたキャベツを投入→塩+一味唐辛子+白ゴマ+だしの素を振り掛け→キャベツを揉む→その上に重石をし、一晩漬ける→完成)

 

▼容器
竹アジロ弁当など使用。通気性が良。竜田揚げもカリッと感残。おにぎりもしっとり感残で良。

男子厨房倶楽部「弁当編、鶏おこわ弁当を作る」

2014 年 9 月 28 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 
▼弁当内容
・鶏おこわ:もち米と米(2:1)を昆布を入れた水に30分程度浸し、圧力鍋に出汁+カットした鶏モモ肉+斜め切りした白ネギを入れ、熱にかけ、空気が抜け、圧がかかったら、強圧で13分熱し、熱を止め、自然放置で圧力ビンが下がったら、メンマを混ぜて→完成。

・里芋と牛肉の煮物:里芋の皮をむき、鍋で湯がき滑りを取り、スチームケース に入れ、5分ほど電子レンジで蒸し、油を敷き、熱にかけた鍋へ牛肉・エリンギといっしょに炒め、出汁醬油+味醂+砂糖+小口切りした赤唐辛子を入れ、炒め煮し、熱を止めたら、白ネギ・葉葱を混ぜ→完成

・蒸し出汁玉子:蒸し卵料理用蒸し器「ルクエ オボ(OVO)」に卵1個+同量の出汁+ カットした具(塩+黒はんぺん+プチトマト+ピーマン)を入れ、電子レンジで 蒸し(途中で出し、中身をかき混ぜながら、計2分程度)→完成

・大根とツナのマヨネーズ和え:皮をむき、千切りした大根とまぐろツナフレークを塩+胡椒+マヨネーズ+乾燥バジル+レモン汁+合わせ酢で混ぜ→完成

・豚汁:出汁+豚バラ+白ネギ+キャベツを煮、具がしんなりしたら、味噌を溶かし、一味 唐辛子を入れ→完成

 

▼容器
・鶏おこわ:工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+蓋・身を固定するフック付を使用

・蒸し出汁玉子、里芋と牛肉の煮物:内側無塗装なので余分な水分を吸収し、料理を程よい感じに保つ杉わっぱ弁当箱を使用

・大根とツナのマヨネーズ和え:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のものを使用。ホーローは、長くタレなど濃い汁物を保存する際に染み着きにくく、洗い安く良。

・豚汁:サーモス真空断熱フードジャー