アーカイブ

2012 年 10 月 のアーカイブ

10/29実演報告「おでん鍋作り編」

2012 年 10 月 30 日 コメントはありません

今回の実演は、下処理にフードプロセッサー・ハンディブレンダー(つみれなど)・圧力鍋(具を煮詰める際に)を活用し、IH土鍋で「おでん鍋」作りの実演を行いました。

 

だしこし・スープこし用布素材について

2012 年 10 月 26 日 コメントはありません

だしこし・スープこし用布素材も用途によって、種類もいろいろございます。
今日は素材別に適した用途を紹介させていただきます。

漉し目
・極細目(細かい)
↑   ・厚手ガーゼ二重合わせ
↑   ・ネル地
↑   ・ポリエステル沙
↑   ・天笠さらし
・中目 ・寒冷沙
↓   ・薄手ガーゼ
↓   ・ポリエステルメッシュ
↓   ・ポリエステルネット
↓   ・ポリエステル角目
・極粗目(粗い)

素材と用途(漉し)
・厚手ガーゼ二重合わせ(綿100%)
和食/洋食/中華の出汁・スープ取り

・ネル地(綿100%)
和食/日本料理の一番出汁(昆布出汁、鰹出汁、コーヒードリップ)

・ポリエステル沙(ポリエステル100%)
コンソメスープ、豆乳、牛乳

・天笠さらし(綿100%)
洋食スープ漉し(ホワイトソース、デミグラスソース)

・寒冷沙(綿100%)
より粘度のある流動物の濾過

・薄手ガーゼ(綿100%)
野菜絞り、果汁絞り、味噌こし

・ポリエステルメッシュ(ポリエステル100%)
がら取り、とんこつスープこし

・ポリエステルネット(ポリエステル100%)
がら取り、とんこつスープ

・ポリエステル角目(ポリエステル100%)
がら取り、とんこつスープ

実店舗「2012/10/29(月)調理実演のご案内」

2012 年 10 月 21 日 コメントはありません

日時:2012/10/29(月)、12:00-15:00(予定)

次回実演は、IH土鍋で「おでん鍋」を作る予定です。下処理にフードプロセッサー・ハンディブレンダー(つみれなど)・圧力鍋(具を煮詰める際に)を活用する予定でいます。是非ご来店ください。


画像をクリックすると拡大します。

男子厨房倶楽部「俺流豚しょうが焼定食を作る」

2012 年 10 月 21 日 コメントはありません

村松、自分ごとではありますが好物って色々あるんです。例えばカレー・味噌ラーメン・お好み焼き・焼肉・焼鳥・青魚の〆もの・カキフライ・鶏のから揚げ・きゅうりの浅漬けだったり・・・、今回はそのなかの一つ「豚しょうが焼」を作り、食したいとおもいます。

魅せる耐熱クッキングラップ「カルタファタ」

2012 年 10 月 18 日 コメントはありません

魅せる美味しさの可能性を創造する。

カルタ・ファタはイタリアのシェフFabio Tachellaの協力の元、開発された透明な クッキングラップです。

最高230℃の耐熱性で直火以外のグリル、スチコン、沸騰した油などで加熱が可能 なほか、冷蔵・冷凍保存も可能です。香りや旨み、栄養分を逃さず、一人分の包 みから調理可能なため、調理法や提供法で新たな可能性を秘めています。

透明性を活かしアイデア次第でクリエイティブな盛付けが可能です。料理をラッ ピングする感覚は、包み方次第で無限の提供方法、調理法を創造します。

下拵、冷凍、加熱調理と食材を移し替える必要がなく、宴会時の大量調理でも、 多くの包みを一度に加熱でき、シートパンやプレートも汚しません。包み毎に 仕込、冷蔵・冷凍保存すれば、必要な時に必要な分を加熱提供できます。

調理物を全て包んで加熱するため、食材自身の水分や油分で調理されるため、 余分な調味料などの使用量が減るうえ、風味や香り、栄養分を逃さず、食材の 旨みを引き出すことができます。また包みを開けると香りが広がり演出としても効果を発揮します。

木・樹脂製食器 材質・主要素材の特長

2012 年 10 月 17 日 コメントはありません

▼材質・主要素材の特長
漆器の形状をつくる素地には、木製品・合成樹脂製品があります。

・木製品
欅・水目桜・栃・桂などの木を使った100%天然素材です。

・合成樹脂製品
合成樹脂製品には、木の粉と合成樹脂の粉を混ぜて熱加工したものと、100%合成樹脂の粉で熱 加工したものがあります。

○材質の特長
・ABS樹脂、熱可塑性樹脂
非常に耐久性があり、衝撃に大変強いため、割れにくくなっておりますが、食器洗浄機を使用 しますと変形する場合がありますので、避けてください。(耐熱温度60~70℃)

・アクリル樹脂、熱可塑性樹脂
透明度が高く、比重は約1.2で、表面等に傷がつくこともありますが、コーティング加工により、 表面を硬くできます。洗浄機の使用を避けてください。(耐熱温度60~70℃)

・熱硬化性樹脂、メラミン樹脂またはユリア樹脂
比重が高く重量感がありますが、落とすと割れる事もあり、洗浄機に入れる場合は、剥がれにも ご注意ください。

・木粉混合樹脂、熱硬化性樹脂
食器用として木粉を配合した樹脂で、耐熱温度90~100℃で、洗浄機使用の場合は、特殊塗装を しませんと、剥がれる心配があります。

・熱硬化特殊樹脂
食器用として特殊素材を配合した樹脂で、手触りが亜ソフトで塗料の密着も良く、耐熱性・保温 性に優れ、洗浄機適応としてご使用いただけます。(耐熱温度80~100℃、食器洗浄機使用可)

・耐熱ABS樹脂
従来のABS樹脂に比べて、耐熱温度が100℃と高く、寸法精度も高くなっており変形しにくく、非 常に耐久性があり、洗浄機適応としてご使用いただけます。電子レンジには、使用できません。 (耐熱温度80~100℃、食器洗浄機使用可)

・ポリプロピレン樹脂
比重0.9と水に浮くほどの軽さで、割れにくい素材ですが傷つきやすいのでご注意ください。 (耐熱温度120℃、食器洗浄機使用可)

・FRP樹脂、熱硬化性樹脂
難燃性の樹脂で、硝子繊維と不飽和ポリエステルの強化プラスチックです。食器洗浄機・熱風 保管庫に使用できます。(耐熱温度120℃、食器洗浄機使用可)

・ペット樹脂(飽和ポリエチレンテレフタレート)
ポリエチレンテレフタレートの比重は、水より重く、耐熱性に優れています。 (耐熱温度100~110℃)

・SPS(シンジオタクチックポリエチレン)樹脂
主にエコ箸に使用されている樹脂で、耐加水分解熱性、耐薬品性に優れています。食器洗浄機、 熱風保管庫に使用できます。(耐熱温度240℃、食器洗浄機使用可)

・PBT(ポリプチレンテレフタレート)樹脂
耐熱性・耐久性・耐薬品性に優れています。食器洗浄機が使用できます。 (耐熱温度150℃、食器洗浄機使用可)

・木製品
ぬるま湯で手洗いにてご使用ください。(本漆塗は、熱湯に入れますと変色しますので、ご注 意ください。)

 

※洗剤は、中性洗剤または、弱アルカリ洗剤をお使いください。アルカリ洗剤を使用した場合、 洗浄機の種類や濃度・頻度によって漆器の傷み方・変色・剥がれが生じますので、ご注意くだ さい。

▼塗料について
表面の仕上げに使う塗料には、主に漆・ウレタンの2種類があります。

・漆
漆の木の樹液を原料にした天然塗料です。乳白色の樹液に、黒や朱等の顔料を混ぜて使用しま す。耐酸性、耐アルカリ性、耐水性に優れ、接着剤にもなる天然の塗料として最も優れていま す。

・ウレタン
漆の質感を表現した合成塗料です。漆のしっとり感やふっくら感には及びませんが、漆より紫 外線、熱に強く、比較的安価なため、手軽にお使い頂けます。

▼業務用漆器メーカー「若泉漆器」確かな品質と、高い安全性
若泉漆器では、1つ1つ豊富な実績と、最新の技術によって創り上げられた器は、食品衛生法 (合成樹脂製の器具および食品規格)に基づき、厳密な衛生試験を定期的に実施しております ので確かな品質と高い安全性である製品をお届けいたしております。

 

カリタ式おいしいコーヒーの淹れ方

2012 年 10 月 17 日 コメントはありません

▼カリタ
コーヒーロシ、陶器製品、耐熱ガラス製品、 コーヒーミル、電動コーヒーメーカー、 業務用コーヒーマシン、エスプレッソマシン、その他コーヒー・紅茶関連器具の製造 加工に要する機械・器具の製作及び輸入販売しているメーカーです。

▼カリタ式おいしいコーヒーの淹れ方
あなたは、どんなコーヒーがお好みでしょうか?

カリタ・ドリップ式は、はじめての人でも簡単に本格コーヒーを淹れることができます。 カリタの器具は、中挽きのコーヒーの粉10gを1杯分(120mL)の目安にしています。 これは、粉が粗いと、お湯の通りが速すぎてコクや旨味を出しきれないうちに追加して しまうのと、逆に細かすぎると苦味や渋味を引き出してしまうと言う理由からです。

中挽きの粉でコクのある、まろやかなコーヒーをお楽しみ下さい。

男子厨房倶楽部「あさりの酒蒸しを作る」

2012 年 10 月 13 日 コメントはありません

今回は、手軽で簡単な「あさりの酒蒸し」を作り、食したいとおもいます。

男子厨房倶楽部「シューマイを作る」

2012 年 10 月 6 日 コメントはありません

朝夕、ちょっと涼しくなってきた浜松ですが、皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか?

今回は、フードプロセッサーを活用し、シューマイ作り&食したいとおもいます。