アーカイブ

2014 年 8 月 のアーカイブ

実店舗「9-10月製菓・喫茶 食器・道具関連キャンペーン」のお知らせ

2014 年 8 月 31 日 コメントはありません

9月~10月と秋向き食器・道具関連キャンペーンを実施いたします。
喫茶・製菓関連を中心に特価にて販売いたしますので、是非ご来店ください。
 

 

クリックすると、チラシページに移動します。

男子厨房倶楽部「弁当編、イカめし弁当を作る」

2014 年 8 月 31 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容

・イカめし:もち米+米を1対1の割合で一晩水に漬ける→スルメイカの腸・足・骨などを抜き取る→抜き取ったら、もち米+米+カットしたイカ足を詰める→圧力鍋に身を詰めたイカ・出汁醬油・出汁・酒・味醂を入れ→圧力鍋ピンが中圧まで上がったら、火力を弱にし、20分煮る→圧力ピンが下がったら、蓋を開け、熱に掛け、煮詰める→輪切りにし、弁当箱に盛り→完成

・ジャガイモとコーンのイカ腸和え:フライパンにマーガリン・おろしニンニクを入れ、熱にかけ、蒸したジャガイモ・コーンを入れ、イカ腸+出汁醬油+味醂+酒を入れ、炒め和え→完成

・野菜サラダ+ドレッシング:カットした野菜ミックス+ドレッシング(グレープフルーツ汁+オリーブオイル+合わせ酢+塩・こしょう+乾燥バジルを混ぜたもの)

・豚汁:出汁にカットした具(豚バラ肉・しめじ・エノキタケ・マッシュルーム・玉ねぎ)を煮る→具がしんなりしたら、味噌を混ぜ→青ネギ・一味唐辛子を入れ→完成

 

 

▼容器

・イカめし:若泉漆器の5寸千筋松花堂黒内朱蓋ABS樹脂製容器を使用

・豚汁:サーモス真空断熱フードジャー

・ジャガイモとコーンのイカ腸和え:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のものを使用

・ドレッシング:蓋にパッキンが付いていて液漏れしずらいタケヤ科学のポリプロピレン・シリコン製容器を使用。

・野菜サラダ:耐熱ガラス食器・調理器具メーカーイワキのガラス容器を使用

男子厨房倶楽部「弁当編、豚角煮おこわ弁当を作る」

2014 年 8 月 24 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容

・豚角煮+煮玉子:豚ロースブロックを5-6cm角に切り、油を敷いたフライパンで焼き目をつける→圧力鍋に水+味醂を入れ中火で10分煮込む→煮込み汁を3分の1に減らし、出汁醤油+砂糖+ゆで卵を入れ、弱火で5分煮込む→角煮に洋からしを添えて→完成

・豚角煮おこわ:もち米+米を1対1の割合で水に昆布と漬ける→米を炊く釜に豚角煮を2cm角に切ったもの+カットした具(人参+水で戻した干し椎茸+筍水煮+出汁(角煮の醤油だれ+最初に煮詰めた汁(表面の油を取り除く)+干し椎茸を戻した汁)を入れて炊く→完成

・チンゲン菜のお浸し:角煮の最初に煮詰めた汁+干し椎茸を戻した汁+塩にカットしたチンゲン菜を湯がく→完成

・ワカメと玉子のスープ:表角煮の最初に煮詰めた汁+和風汁+出汁醤油(色を付ける程度)+塩・こしょう+ワカメ+玉子+ごま油+胡麻をひと煮立ちさせ→完成

 
▼容器

・豚角煮おこわ:内側無塗装なので余分な水分を吸収し、料理を程よい感じに保つ杉わっぱ弁当箱を使用

・豚角煮+煮玉子+チンゲン菜のお浸し:若泉漆器の5寸千筋松花堂黒内朱蓋・仕切り付ABS樹脂製容器を使用

・ワカメと玉子のスープ:サーモス真空断熱フードジャー

男子厨房倶楽部「弁当編、サンドイッチ弁当を作る」

2014 年 8 月 17 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容

・タマゴサンド:パンに具(ゆで卵+マヨネーズ+合わせ酢+乾燥バジル+塩・こしょうをマッシャーで潰しながら混ぜる)を塗り、もう一枚のパンを載せ、カットし→完成

・ベーコンチーズサンド:下になるパンにマヨーネーズ+タバスコを塗り、チーズ+スライスしたきゅうり+ベーコンを載せ、もう一枚のパンを載せ、カットし→完成

・ハンバーグ:具(牛豚合挽き肉+炒めた玉ねぎ+ピーマン+生姜+塩・黒こしょう+ナツメグ+パン粉+牛乳+卵)を混ぜ、形を作り→油を敷いたフライパンで両面焼き目を付け、パイ皿に載せ、オーブンで中まで火を通し→完成(大根おろし+ソース( 出汁醤油+味醂+酒+ラー油))+カットしたエリンギ・人参をマーガリン・塩・こしょう・酒・乾燥バジルを入れ炒めたものを添える)

・とうもろこしと人参のポタージュスープ:カットした人参+とうもろこし+粉状コンソメ+水を圧力鍋で熱にかけ→ミキサーで攪拌し→生クリーム+塩・こしょうを混ぜ→完成

・野菜サラダ:サニーレタス+プチトマト+きゅうり+ドレッシング(100%オレンジジュース+塩・こしょう+オリーブオイル+乾燥バジルを混ぜたもの)

▼容器
・サンドイッチ:内側無塗装なので余分な水分を吸収し、料理を程よい感じに保つ杉わっぱ弁当箱を使用

・ハンバーグ:若泉漆器の5寸千筋松花堂黒内朱蓋付ABS樹脂製容器を使用

・ポタージュスープ:サーモス真空断熱フードジャー

・野菜サラダ:耐熱ガラス食器・調理器具メーカーイワキのガラス容器を使用

・ドレッシング:蓋にパッキンが付いていて液漏れしずらいタケヤ科学のポリプロピレン・シリコン製容器を使用。

男子厨房倶楽部「弁当編、稲荷寿司弁当を作る」

2014 年 8 月 16 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

▼弁当内容

・稲荷寿司:五目寿司(乾燥桜エビ+乾燥ワカメ+カットした具(人参+エリンギ)を鍋にて出汁+出汁醤油+味醂+酒+砂糖で煮詰める)を炊いたご飯に合わせ酢+カットした湯がいたトウモロコシと共に混ぜる)、湯通した油揚げを出汁醤油+味醂+酒+砂糖で煮詰める一晩置いたものを半分に切り開き、上記の酢飯を詰め→完成

・ナスとピーマンの南蛮漬け:ナスとピーマンを油で揚げ、漬けだれ(出汁醤油+合わせ酢+細かくカットしたニンニク・生姜・赤唐辛子+湯がいたトウモロコシ)に漬け→完成

・砂肝の唐揚げ:一口サイズにカットした鶏の砂肝を漬けだれ(出汁醤油+赤唐辛子+味醂+酒+生姜)に一晩漬け→片栗粉で衣を付け、油で揚げ→完成

・塩ダレきゅうり:カットし、当たり棒で叩いてキュウリを漬けだれ(ぬるま湯+塩+一味唐辛子+レモン汁+合わせ酢)に合わせ→完成

・なめこ汁:出汁にカットした白ネギ+なめこを入れ、味噌を溶かし→完成

 

▼容器
・杉わっぱ弁当箱:内側無塗装なので余分な水分を吸収し、保湿効果があるので、酢など水分が若干多い酢飯を程よい感じに保つので、稲荷寿司に使用。

・砂肝の唐揚げ:通気性が良く、サクサク感が残る竹網弁当箱を使用

・なめこ汁:サーモス真空断熱フードジャー

・ナスとピーマンの南蛮漬け:野田ホーローの蓋がタッパ仕様のものを使用

・塩ダレきゅうり:蓋にパッキンが付いていて液漏れしずらいタケヤ科学のポリプロピレン・シリコン製容器を使用。

 

8月食イベントについて(9-10月予定)

2014 年 8 月 10 日 コメントはありません

8月食イベントですが、

▼本日8月10日は、菅沼さんによるカレー作りの教室でした。好評で美味しい会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼次回は、菅沼さんのインドカレー作りの教室は10月19日(日)ですが、既に実地参加者が定員になりましたが、閲覧受講(材料費無料)は、予約なしで参加可能ですので、お時間ございましたら、足をお運びください。(11:00~14:00程度)

 

 

▼8月23日(土)11:00~14:00:キッチンセンター村松のによる圧力鍋+ホットブレンダーで夏野菜の冷製ポタージュ作りの調理実演になります。こちらは定員ございません。(主にニーダーやフードプロセッサーなど機械を実際に使い調理実演いたしております)

▼8月24日(日)13:00-15:00:佐藤さんによる料理教室は、「かき揚げ作り」です。こちらも既に実地参加者が定員になりましたが。閲覧受講(材料費無料)は、予約なしで参加可能ですので、お時間ございましたら、足をお運びください。

●次回予定(9月・10月)
▼9月15日(月、11:00-13:00):キッチンセンター村松「キッチンニーダーを使いパン作り」

▼10月13日(月、11:00-13:00):キッチンセンター村松「バーミックスを使いケーキ作り」

▼10月19日(日、11:00-13:00):菅沼さんの料理教室「インドカレー作り」

▼10月26日(日、13:00-15:00):佐藤さんの料理教室「ハゼの刺身作り」

男子厨房倶楽部「弁当編、のり弁を作る」

2014 年 8 月 10 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

・弁当内容

・のり弁:炊いたご飯に鰹節(鰹節+出汁醤油+白ごま+一味唐辛子 を混ぜたもの)真ん中・上と海苔と共に2層に敷き→完成

・鮭の西京焼:味醂+白味噌に鮭を一晩漬けたものをフライパンで焼き →完成

・薄巻玉子焼:卵+青ネギ+酒+出汁醤油を混ぜ→フライパンで焼き上げ →一口サイズに縦切りし、巻いて→完成

・ちくわ磯辺揚げ:ちくわに衣(水+卵+小麦粉+青のり)を付けて油で 揚げ→完成

・カニ風味サラダ:カットした具(カニカマ+キャベツ+キュウリ+玉ねぎ)とスパイス(マヨネーズ+塩・こしょう+合わせ酢+オレガノ)を混ぜ→ 完成

・豚汁:出汁にカットした具(豚バラ+白ネギ+えのきだけ+大根)を煮込んで 、味噌を溶かして、青ネギを入れ→完成

・容器
・ちくわの磯辺揚げ:通気性が良く、サクサク感が残る竹網弁当箱を使用

・豚汁:サーモス真空断熱フードジャー

・カニ風味サラダ・玉子焼・鮭::野田ホーローの蓋がタッパ仕様のものを使用

・のり弁::工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+蓋・身を固定するフック付きの弁当箱を使用

男子厨房倶楽部「チキンカツレツ弁当を作る」

2014 年 8 月 3 日 コメントはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 
・弁当内容
・チキンカツレツ:カットした鳥モモ肉に塩・胡椒で下味をつけ、 小麦粉+卵+パン粉で衣をつけ、オリーブオイルを敷いたフライパンで両面軽く焦げ目がつくまで焼き→パイ皿に移し→オーブンで中まで火を通し→完成

・デミグラスソース:水+粉末コンソメ+トマトペーストを鍋にて熱し、ビーフシチューのルーを溶かし→バターで風味付けし、 完成

・ピラフ:電子レンジ用陶製ご飯釜に米+水+粉末コンソメ+バター+カットした具(しめじ+ベーコン+玉ねぎ+ピーマン)を投入し、500Wの電子レンジで5分+200Wで15分熱し→完成

・ツナとキュウリの和えもの:カットしたキュウリ+塩・胡椒+レモン汁+オレガノを混ぜ→完成

 

・容器
ご飯は、工房アイザワのステンレスの蓋内パッキン+ 蓋・身を固定するフック付を使用。コンパクトながら ガッツリ入ります。

おかずは、野田ホーローの蓋がタッパ仕様で液漏れしずらい容器を使用。ホーローは、長くタレなど濃い汁 物を保存する際に染み着きにくく、洗い安く良。

デミグラスソースは、液漏れしず、真空断熱構造によ り、小容量でも高い保温性能のサーモス真空断熱フードジャーを使用。

 

 

 

 

 

 

※ピラフにカツレツを載せ、ソースをかけて食すと良。

 

以上。

サーモス真空断熱フードジャー

2014 年 8 月 3 日 コメントはありません

真空断熱構造により、小容量でも高い保温性能。
本体、蓋が丸洗い、消毒保管庫対応。安全止水構造だからデリバリー
としても最適。本体クリア塗装なので汚れつきにくく、落としやすい。